公式Facebook

公式Facebook

ダウンロード

赤穂市立 文化と歴史の施設

当館を運営する赤穂市
文化とみどり財団のその他のサイト

周辺観光案内

平成30年度特集展示のおしらせ

  平成30年度特集展示 郷土ゆかりの画家たち

 

 

「赤穂ゆかりの画家たちの美の系譜→平井正年→藤本東一良→西川美沙夫→」展

 

期間:平成30年5月23日㈬~平成30年7月23日㈪

※6月20日㈬から一部展示替え

 

入館料 :大人200円 小人100円 各種割引あり
開館時間:9:00~17:00(入館は16:30まで)
休館日 : 毎週火曜日(祝日の場合 翌日が、休館日となります。)

 

 

 

 洋画家・藤本東一良は両親が赤穂市坂越の出身であり、大正2年(1913)静岡県伊豆下田に生まれました。日本芸術院賞・恩腸賞受賞など数多くの作品が認められ、日展顧問や光風会常任理事、日本美術家連盟常任理事などを歴任し、平成10年(1998)に没しています。

 藤本東一良は赤穂出身の日本画家・平井正年[明治16年(1883)~大正9年(1920]の甥であり、その薫陶を受けていました。その平井正年は、赤穂ゆかりの画家で日本画家・鈴木百年の弟子の今尾景年に師事していました。

 赤穂市出身の洋画家・西川美沙夫[昭和2年(1927)~昭和58年(1983]は、兵庫県立赤穂高等学校の美術担当教諭であり、藤本東一良に師事していました。

 本展では、赤穂に連なる「美の系譜」の一つを是非御堪能ください。

 

小禽図 平井正年

 

朝の岬 藤本東一良

 

涯の詩 西川美沙夫