公式Facebook

公式Facebook

ダウンロード

赤穂市立 文化と歴史の施設

当館を運営する赤穂市
文化とみどり財団のその他のサイト

周辺観光案内

令和2年度 特別展 『平田オリザと時代を駆け抜けた平田家の人々』

令和2年度 特別展

 

 

『平田オリザと             

 

 

 

    時代を駆け抜けた平田家の人々』

 

 

 

令和3年1月24日(日)~3月15日(月)

 

※令和3年1月22日(金)・23日(土)は臨時休館

 

 

 

開館時間:9時~17時(入館は16時30分まで)

 

入館料:大人300円 小人150円  各種割引有

 

休館日:毎週火曜日(祝日の場合、翌日が休館となります。)

 

 

劇作家・演出家で赤穂市政特別アドバイザーでもある平田オリザ氏と、祖父・内蔵吉、大叔父・晋策、父・穂生、寛らは文化・科学に多大な功績を残されました。その平田家ゆかりの人々の足跡をたどります。

平田内蔵吉(くらきち)は、赤穂出身の医学者であり、東洋医学の革命児と言われました。

平田晋策(しんさく)は、内蔵吉の弟ですが、少年小説家・軍事評論家として一世を風靡したほか、赤穂線開通にも尽力されました。

平田寛(ゆたか)は、内蔵吉と晋策の従兄弟の子であり、幼い頃より親交がありました。早稲田大学教授で、日本科学史学会の会長を務めました。

平田穂生(さきお)は、内蔵吉の次男で、京都に生まれました。シナリオライターとして活躍し、映画『時をかける少女』の挿入歌「愛のためいき」などの作詞家としても知られています。

平田オリザ氏は、穂生の子で東京都生まれ。劇団「青年団」を主宰し、劇作家・演出家として活躍されるとともに、各大学で教鞭を取って後進の指導に務められています。第39回岸田國士戯曲賞など数々の賞を受賞。21年春に開学する「兵庫県立芸術文化観光専門職大学」の学長として迎えられる予定です。現在、東京から居住を兵庫県豊岡市に移し活躍されています。